ホーム学校生活勤労学習

大きなココロ、楽しく耕そう

広大な演習農園で豊かな人間性を育む。

勤労学習の開始は昭和56年にさかのぼります。体育館や運動場の整備とともに演習農園が設けられました。880坪を超える演習農園では、土づくりから田植え、収穫まですべて生徒たちの手で行います。生徒たちにとっては土に触れ、農作物を育てる勤労の意義や厳しさ、収穫の喜びを感じる機会となっています。

はじめての田植え実習。
足下がヌルヌルして歩くのが大変!

たくさんの種類の野菜も育てるんだよ。

立派に育つように、愛情をかけながらお世話します。

待ちに待った収穫日!きれいなお米がたわわに実ってます。

こんなに立派に育ってくれてうれしい!

作物を育てるのは簡単ではないけれど、充実感がすごいよ!

勤労学習(農園実習)の集大成として、2年生全員がグループ学習の発表や作成したポスター・標語などを展示するとともに、手塩にかけた野菜たちを地域の方々に販売します。
(さつまいも・大根・小松菜・キクナ・キャベツ・白菜・丸大根・ネギ・その他野菜16品目を販売)
毎年沢山の来場者でにぎわい、農園で収穫した小豆やもち米を用いたぜんざいも好評です。

ページトップへ